膝下部分の脱毛をしたい

私が脱毛をしたいところは、特に膝下部分です。 遺伝的にかなり太くて黒い毛がはえています。

しかも、市販の脱毛の出来る機械などを使用しても生えるスピードが早いのかきれいな状態を保てません。 学生の頃はプールの時間が憂鬱で、結局脱色をして遠目から見たらはえていないように見えるように頑張りました。

私の場合は、剃ったり抜いたりしなければ黒い部分がはえてくるのが遅かったので苦肉の策で脱色をしていました。 プールの授業かなくなると、ハイソックスやズボンなどでその部分を常に隠して処理をしないで肌を休めていました。

毎回脱色をしていたので、肌もあれてしまっていたので休息もかねて放置していました。 大学生になり、テレビCMなどでよくある電気式の脱毛機を買いました。

痛みがあまりないという謳い文句の商品でも私にはかなり痛く涙目になりながら使いました。 最初の処理後はすべすべでかなり感動しました。

しかし、それも長く続きません。処理をそさた数時間は毛穴がポツポツと赤くなってしまいみてられません。 出かける直前に行ってしまうと大惨事です。

そして一週間もするとまた新しい毛がはえてきます。ちゃんとはえてくれればいいのに、皮膚の下に入ってしまい見た目も悪く、またとても痒いのです。

これが一番苦痛でした。ピンセットの毛抜きで皮膚から毛をだし、機械で一気に抜く作業を繰り返していました。 抜いたあとローションなどでケアしていたのですが、ポツポツが消えなくなってきてしまいました。

そんな状況なので、またソックスやズボンで隠す毎日です。お陰で日焼けもせず、逆に毛穴が目立っているような気もします。

やはり、下手に市販で売られている脱毛器具を購入するよりか、しっかりした脱毛クリニックなどに行って処置してもらうのが一番ですね。

お金を貯めて、脱毛クリニックに通おうかなと考えています。<お勧めクリニック⇒医療脱毛京都

もし脱毛して、綺麗になったら、足を出したファッションも出来るかなぁと思うのです。

体毛の処理~除毛クリームや脱毛機を使ってみて

私は他の人と比べると体毛が濃い方です。これまでに様々な除毛クリームや、脱毛機を試していますが、やはり両者ともメリットデメリットがあります。

除毛クリームは完全にクリアになりづらく、ムラができますし、匂いも気になります。脱毛機は痛みが伴います。

なので、両方を使い分けてその時時に応じて処理している感じです。例えば、時間があるときはクリームで満遍なく距離していきますが、クリームが染みやすいように、ある程度でハサミで短くしてからクリームを塗ります。

その時間と、匂いを気にしないでいい予定の開いているときに実施しています。

脱毛機は、痛みはありますが比較的短時間で済ませられるので、時間がないときなどに実施しています。痛みを和らげるために、行うときは入浴中にお湯で温めてから実施しています。

どちらも最後は化粧水などで肌のケアを行いますが、時間が立つとやはりまた生えてきてしまいます。こればかりはどうしようもないと諦めています。

個人的には医療機関での脱毛も検討しましたが、やはり費用が嵩むことや、最近は施術後の問題なども気になりだした為に勇気が出ません。これからも定期的に脱毛をしていかないといけないと思うと気が滅入ってしまいます。

体毛が薄い人が本当に羨ましいのですが、それを言い出すときりがないので、辛抱強く自力で処理しています。
また、両者ともに気をつけているのが埋没毛です。

手入れを怠ると皮膚の中で伸びた体毛が伸びて膿んでしまうこともあるので、入浴時には気を使ってチェックもしています。

これだけの煩わしいことを他の人よりも多く行っている時間が本当にもったいないと感じています。

歳を重ねる毎に更に体毛が濃くなっていったり、新たに処理する箇所が増えてきたりすることを考えると、いつかは処理そのものをやめることになるとは思います。

でも、今は脱毛したいと考えているので、やはり脱毛サロンにでも行こうかなと思っています。

調べてみたら、思っていた金額より安く脱毛できるみたいだし。

※参照ページ…群馬県高崎市の脱毛サロン※脇・全身脱毛が安いのはどこのサロン?

ムダ毛がなくなったらどれだけ楽か。ツルツルの肌に憧れます。

KGSS ON THE PEAKS

KGSS ON THE PEAKS(ケージーズ・オン・ザ・ピークス)

「プロペラ」のギタリストとしてデビューし、脱退後「GRiP」ではボーカル・ギターの枠を超えるギターテクニックと力強いボーカルで、圧倒的にロックな存在・GONDA。「セロファン」 としてデビューし、その後は「ザ・カスタネッツ」のメンバーとして活動する他、脅威の11台ドラムバンド「DQS」や、様々なバンドのサポートとしても活 動する、心技体備わったドラマー溝渕ケンイチロウ。2011年4月、下北沢の某ライブハウスでバンド結成の話が持ち上がり、この二人の呼びかけにより集 まったのは、キングオブシューゲーザー「cruyff in the bedroom」のギター・サンノヘシゲカズ、「monokuro」のベース・塩井潤一という、それぞれがミュージシャンとしてのキャリアを積み、技術と魂を磨き続けた四人。

奇しくも揃ったメンバーが、時間さえあれば山に登るというストイックかつ妥協を許さない四人。初めて「KGSS ON THE PEAKS」の名前が誌面に登場したのは登山雑誌「PEAKS」というのが、このバンドの実態を表しているかもしれない。コンスタントに山に向かいつつ、その経験を音楽制作へと確実に反映させ『The earth and you』『my life』とシングルをリリース。2012年7月にはベース・塩井 の途中下山(脱退)があり三人体制となったものの、直後に「ex.COOL DRIVE」のベース・YAMAが正式加入。その後も『The sequence of a footprint』『MORNING GLORY』とシングルリリースを積み重ねていく。

山の稜線をライブハウスで表現することが出来るスケール感のあるバンドサウンド。KGSSの音楽は登り始めから山頂を目指す姿、ひとつのドラマをはっきり思い浮かべる事ができる。それは「山に登る」という事だけでなく、人生にも当てはまり、様々な環境の人の背中を押す楽曲になっている。

結成から三年半。その集大成として2014年10月8日、これまでにリリースしたシングルの中から再録音し、新たなサウンドに生まれ変わった8曲と新曲2曲を含む、全10曲入りファーストフルアルバム『now』をリリース。同日、吉祥寺 ROCK JOINT GBでワンマンライブを行い、その後”now tour 2014 climb on !!”で仙台・大阪・名古屋を廻り、高円寺AMPcafeにてacoustic liveと、山の話を交えたtalk & photoイベントで、ツアーファイナルを盛況のうちに終了した。2015年の1発目のliveは2月19日。KGSSには馴染みの深い吉祥寺ROCK JOINT GBのイベント『69 Paradise』で、ALPINE ROCKのスタートを切る。

 

ライブ情報

■2015年2月19日(木)  吉祥寺 ROCK JOINT GB

『69 Paradise』

OPEN 18:30/START 19:00  ADV 2,800/DOOR 3,300(1D別)

act:KGSS ON THE PEAKS / alcana / 枕本フライング・ハービボー<vo&key; 枕本トクロウ bs ハル dr 山田ススム>

 

■2015年3月26日(木)  下北沢CLUB Que

カムロバウンス presents『without reservation』

OPEN 18:30/START 19:00  ADV 2,500/DOOR 2,800(1D別)

act:KGSS ON THE PEAKS / カムロバウンス / universe / The coridras

 

■2015年4月3日(金)  下北沢CLUB251

『climb on !! climbing !! 2015』

OPEN 18:30/START 19:00  ADV 2,800/DOOR 3,300(1D別 500)

act:KGSS ON THE PEAKS / ハックルベリーフィン / wash?

 

最新アルバム

 

『now』(2014.10.08 release)

《収録曲》

01. 地球と、君と
02. blue
03. now
04. プラスとマイナス
05. Don’t loose your mind
06. モーニング・グローリー
07. snow ride
08. 春色
09. 存在の証明
10. 足跡の列

※アルバム購入者特典は、リード曲「now」のフルバージョンMVのDVD-Rです!
(無くなり次第、配布終了)